売りたい広めたい商品はあるがどうすれば?売り方向上シリーズ

【もう限界、手詰まりになってしまったとならないための方法】 突破口の作り方

はじめての方はまずこちらをお読みください

 

私が安部のココ凄いなと思っているポイントに「突破口を切り開くところ」にあります。(図が何なのかは以下に記載。 要は手詰まりにならないために、求める結果に対してあらゆる行動を可視化し、さらに大項目から小項目へと行動を詳細にしている)

言い換えると絶対に行き詰まらない。 将棋で言うと詰まれない。 私から見ていて、「これは詰んでる かもしれないな 」と思っていても、そこからまたまた展開していく。

よくこの状況でその発想が浮かんで次の展開が思い浮かぶなというのがあります。 なぜそれができるのかなと思ったときに、まずこれがありました。

安部が企業に持っていくと喜ばれる情報が図のコレ。 これもぼかしてありますが、要は何かを達成するための行動をずらっと書いてあるものです。

結局うまくいかない手詰まりになってしまう人や企業の傾向として、これ以上、何をしていけばいいのかがわからない打つ手がないといった状態になってしまっている。

次に打って出る行動がわからない。 次の一手が分からないから「詰んでしまっていると思っている」状態。

安部は、 詰んで しまっている(と思われている)状態からまたひっくり返すのが得意だと考えています。

逆転裁判のナルホドくんみたいですね。 追い込まれてようが、必ず逆転してくる。 安部本人の弁を借りると「あきらめない」からできるということ。確かにあきらめないのは前提としてあって、そこからさらに今まで蓄積していた経験からくる行動があってのことでしょう。

まぁその行ってきた行動があきらめなかったというところから来ているのだと考えていますが。

とにかくここまで、詰まれていても、必ず逆転してくる人はそうはいないでしょう。
ただ1つだけ、これだと逆転しようもない、どうしてもないものがあるとしたら、その企業の社長やその個人事業主の方があきらめてしまっている場合はどうしようもない。

病気と一緒かもしれません。その患者さんがあきらめてしまっていたら治るものも治らないでしょう。

その人自身がなんとかしたいと思っていて、安部が詰みから脱却する策を講じればこれは何とかなる。 というのを何度も目にしてきたのでこれは確信できます。

関連記事

  1. 好きな事で仕事(起業)をする盲点とは?
  2. 【強みと違いの活かし方③】商品の良さがわかってくれないと嘆く前に…
  3. くすぶっている起業家・経営者にありがちなこと
  4. 【起業家のための自滅防止シリーズ④】間違いだらけの自己診断(その…
  5. しくじり先生を見ていると出演者のしくじりに傾向が
  6. 「巨人の肩に乗る」には気をつけろ!自分本位になりがちな注意点
  7. 個人事業主で商品が無い場合の問題点と対処法とは?
  8. 交流会などでエレベータートークは本当に使えるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP