失敗しない為の起業ノウハウ

過当競争や詐欺にあう確率が大幅に高まる理由と対処法

はじめての方はまずこちらをお読みください

 

詐欺にあってしまったり、割高な商品を買ってしまったり、激しい競争に巻き込まれてしまうのは、周りに流されるからです。

なんとなく雰囲気や、空気感に飲み込まれる。オーラに圧倒される。

これらが理由で、周りに流されてしまうと、
詐欺にあう確率や、競争に巻き込まれてしまう可能性が大幅に高まってしまいます。

なんとなくの行動は、大概にして誰かに言うとどうされている場合が多いからです。
だからこそ、主体的に自分自身で考えて、行動していくというのは、成功するための最低限、必要不可欠なポイントでしょう。

どう考えていけば良いのかというと、常識を疑ってみるということが大切になります。
ビジネスにおいても株式投資においても、
大化けするのは、今までの常識を覆したビジネスを行う事であり、投資なら常識を覆したビジネスをしている企業に投資をした時です。

周りに流されてしまっているようでは、ありふれた結果しか起こらない。常識を疑ってみる。常識を覆すと言う発想が出る事はないでしょう。

イメージや印象に振り回されないこと

雰囲気や空気感に呑まれていては、人生は誰かによってコントロールされてしまう。実際のところ本当はどうなのか?よくよく自分の頭で考えて、目で見て、それはなぜそうなのかということをしっかり見てみよう。

よくわからない場合は、まずは、情報は一次情報からとり、
応用的な本を読むのをやめて、基礎から概念がわかるような本を読み、活用や判断ができるにしてみると良いでしょう。

例えば、ダイエットをするのだとしたら、いろいろなダイエット方法を試す前に、どうやったら体の脂肪が減るのか、基礎的なことから学んでみると良いでしょう。(実際に私はこれでかなり痩せた)

それと比較をしてみると良いでしょう。
私はコーラが好きだが、コーラを飲んでいるとそれに角砂糖が何個入っているのとムキになって言ってくる人がいる。
そんな人に限って、食べるケーキの角砂糖の量は考えてはいない。

ご飯1膳にどれだけ糖質があるのかということも考えではいない。データをもとに比較してみると、自分がなんとなく雰囲気で捉えていることを客観的に考えることができるでしょう。

関連記事

  1. より良い情報をタダで手に入れようという舐めた姿勢は高くつきます
  2. 個人事業主の方向け-起業で最初の実績と受注を作る方法
  3. 『あいづち』には上手い・下手がある 「人の振り見て我が振り直せ」…
  4. 何から手を着ければよいか?行動チェックリストの作り方
  5. 「上下関係を気にする人と気にしない人」の利益、不利益あるある
  6. 同じ間違いを繰り返し続ける人の特徴
  7. 必読|ビジネスで縁を切るべき人の特徴、4つのタイプと理由とは?
  8. 場を見極め相対価値を高めるには?
PAGE TOP