個人事業主の為の講座

実際、自己啓発本・セミナーで学んだことは実践で使えるのか?

はじめての方はまずこちらをお読みください

 

結論、ほとんど使えない

パソコンの中に入っていた2013年までのメモとか資料とかをざーっと見てみたんですが、
9割9分使い物にならないものばかりでした。
うーん、どうも完全にノウハウコレクターの無意味な情報の集め方だったようです。
ほんとに極一部だけ、今でも参考にしてみようかなというものはありましたが、
それ以外のほとんどはとてもじゃないけど使い物にならない、
そのように判断できるものばかりでした。
(結構有名な自己啓発系新ビジネスセミナーのノウハウも、使えなかったものに含まれています)

使えない理由は大きく2つ

ここまで使えない(と判断した)理由はなんだろうなと思いましたが、
大別すると2つじゃないかと思っています。
①自分のビジネスに噛み合っていないノウハウだったから
②この教材を作った本人が、誰かの又聞きのものをそのままコピペして持ってきたものだから
①はなんともしょうがない。
でも結構ありがちなパターンなんじゃないかと思います。
行動を起こすまで不安でノウハウを溜め込み、結局行動せずにノウハウだけがゴミ屋敷のようにたまっていく。
行動による結果やら経験やらと照らし合わせてノーハウは会得していった方が効率が良いのに、(自分の身につけたい能力に対して1直線になれるから)
そうでは無い状態の時にため込んだの方だから使い物になりませんよと。
②は、自分の感覚だと、これも結構よく見受けられる。
なぜよく見受けられるかというと、
これが1番商売として成り立たせるのに素早くできてしまうから。
ノーハウやらコンテンツやらって、
何が大変かと言うと、
今まで自分のが実践してきたことや経験を、言語化したり他人が出来るような形の練習教材にすることがとても大変。
大変なので、自分のコンテンツをまとめずに、
他人が既に作り上げたコンテンツを持ってきたほうが簡単。
既に売る商品はあるわけですからね。

特に使い物にならないコンテンツとは?

ただしここで1つ罠があって、

単純に誰かのコンテンツをコピペしただけのものは、
オリジナルのコンテンツホルダーが伝えるものとは違って、深みがないというか奥行きがないというか。
コピペしただけの人の言う事は薄っぺらいし、オリジナルの実践や経験を含んでいないので判断が使い物にならない。
なので、コピペしてきただけのコンテンツはかなり使い物になりませんということですね。
(体裁を保っているように見えて中身スカスカ、パッケージや外見がすごく高級感が溢れているけれどあんこが入っていない皮だけ饅頭みたいな)
なので、コピペしてきただけのコンテンツに惑わされないようにするには、
個人的にはここに気をつければいいんじゃないかと思います。
そのコンテンツを話している人が、
『あの人がこう言ってたんだけれども』
この一言が多い人のコンテンツには目を向けない方がいいと思います。
その人は他人をできるようにして差し上げられる人ではなくて、単なるコピペ屋さんだから。

関連記事

  1. 独立起業するときの最初の実績と受注の作り方
  2. 自己啓発本を読む前に、これを行って無いと意味がない
  3. あなたの人脈はどの程度?チェックシートで確かめてみよう
  4. いろいろやっているけれど、どれも実にならない場合の特徴と、対処方…
  5. セミナーや教材のノウハウが役に立たない理由とは?
  6. 事業はコレが前提なのだ
  7. 起業してから無料から有料への持って行き方
  8. よくあるフリーランスの人の弱点とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP