未分類

失敗したが良い経験になった←これはなっていない

はじめての方はまずこちらをお読みください

 

良い経験になったこれは何か悪いことが起きた騙されてしまった失敗をしてしまったときに慰めのような形で使う言葉ですが、

こと商売においては良い経験になったと言うのはないと筆者は考えています。

商売上では目標とする成果を出すことが何よりも大切でありそれ以外の経験と言うのは
「気をつけなければいけないことに気がつけた」と言うだけのことです。

良い経験では無い結局お金にもならなかった形が多いでしょうし、 1人でやってるならまだしも誰か人が絡んでいるもしくは誰かに任せて仕事をしてそれで失敗をしてしまった場合良い経験にはなりません。

仕事を任された人たちはそれで結局報酬がもらえないと言う形になってしまえば任された本には何も言わないでしょうがフラストレーションが溜まっているでしょう。

そのフラストレーションをなんとかフォローしなくてはその人たちと次に仕事をすることができない。

これは実際に私は経験したのですが相手先のミスで、依頼され、こちらが作成した販促物を結局使わないという判断になりました。

こちらはコンペで勝ちさらに販促物を製作したにもかかわらず、あちら側からは何のフォローもなくお金も支払われない状態。

この状態は良い経験にはなりません。
気をつけなければならなかったことを気をつけるということができるようになっただけのことです。

複数人数が変わるときには不確定要素が多いもの。 不確定要素を見極めるためのポイントに気がつくことができた
 

ただそれだけのこと。

関連記事

  1. 信頼を減らすブログ・Facebookの使い方とは?
  2. 自己顕示欲が強い人の特徴とは?
  3. 人を利用しようとする人の頭の中にはこの概念がない
  4. 好きなことをやる←これ勘違いしてない?
  5. 学んで満足して行動しない人のパターンとは?
  6. 超危険!ごく一部を全体の事のように言うケース
  7. Facebookで意外とやりがちだが実はダメージがでかい事
  8. iPhoneとAndroidどっちがいいかを比較してみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP