未分類

超危険!ごく一部を全体の事のように言うケース

はじめての方はまずこちらをお読みください

 

 

これ感覚でものを捉えていて理屈でものを捉えていない人に多くあります。

しかしこれは、他人同士で認識を同じにし、認識を共通のものにするために、必要なことです。

これができていないとその認識のズレが思わぬ失敗を生んでしまうからです。

例えばこのようなことがあります。
最近犯罪が増えたよね。

そう感じている人が多いかもしれませんが実際に犯罪白書を見てみると犯罪件数は減っているのです。

つまり理屈の上では犯罪の件数が減っているが、 毎日テレビでやってるニュースなんかを見ていると犯罪が増えたような感覚になってしまう。

商売の上では感覚というのは大事になります。 しかし、感覚だけにしたがって実際に市場がどのようになっているのか。
どのような数字の動きになっているのかこれを捉えられなければ、結局思っていたことと違うという事態が発生してうまくはいきません。

商売で人の本音がわかってそこに感覚で対応すると言うのは大事です。

しかし大局を見たときに本当に、その感覚が正しいのかどうか。
数字を見てみる実際のデータを見てみるここが大事になってきます。

関連記事

  1. 外国人講師のセミナー受講時の注意点
  2. 失敗したが良い経験になった←これはなっていない
  3. その講師の周りの人、怪しくない?
  4. すぐやる人と行動が遅い人、どっちのがええの?
  5. くすぶっている人、人の足を引っ張る者とは縁を切ろう
  6. 自分のポジティブ・ネガティブと付き合い方
  7. まだ本読んでるの?これが自分を直接成長させるノウハウ入手方法
  8. 個人ブランディングには3種類ある

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP