未分類

超危険!ごく一部を全体の事のように言うケース

はじめての方はまずこちらをお読みください

 

 

これ感覚でものを捉えていて理屈でものを捉えていない人に多くあります。

しかしこれは、他人同士で認識を同じにし、認識を共通のものにするために、必要なことです。

これができていないとその認識のズレが思わぬ失敗を生んでしまうからです。

例えばこのようなことがあります。
最近犯罪が増えたよね。

そう感じている人が多いかもしれませんが実際に犯罪白書を見てみると犯罪件数は減っているのです。

つまり理屈の上では犯罪の件数が減っているが、 毎日テレビでやってるニュースなんかを見ていると犯罪が増えたような感覚になってしまう。

商売の上では感覚というのは大事になります。 しかし、感覚だけにしたがって実際に市場がどのようになっているのか。
どのような数字の動きになっているのかこれを捉えられなければ、結局思っていたことと違うという事態が発生してうまくはいきません。

商売で人の本音がわかってそこに感覚で対応すると言うのは大事です。

しかし大局を見たときに本当に、その感覚が正しいのかどうか。
数字を見てみる実際のデータを見てみるここが大事になってきます。

関連記事

  1. 自分の問題点を放っておくと起こる事
  2. 好きなことをやる←これ勘違いしてない?
  3. 個人ブランディングには3種類ある
  4. 自己顕示欲が強い人の特徴とは?
  5. 他人を利用しようとする人への対処法シリーズ①他人を利用しようとす…
  6. 挑戦しない人の傾向
  7. 自分の中心軸がない人は学んでも無駄になる
  8. 言う事がコロコロ変わる人とは縁を切った方が良い その理由とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP