個人事業主の為の講座

独立起業するときの最初の実績と受注の作り方

はじめての方はまずこちらをお読みください

 

独立起業するときの最初の実績と受注の作り方

独立起業しようにも実績がなくて身動きが取れないなら

独立起業したいでも自分にはまだ実績がない。だから次の行動ができない。

これは独立起業したい、もしくはしたての頃の方も、思いを抱いている方は多いのではないでしょうか?

実は私も、この実績が無いということで行動ができず4年間を無駄にしてしまいました。

実績がないと、他の人に対して、自信を持って強く打ち出せない。 自分ができると証明できるものがないから、最初の1歩が踏み出せない。

受注が取りづらいということが実際に起こるのです。

実績が無ければ、頭の中では本当は独立起業したいけれどもなかなか行動が伴わない。 そのため思いはあるけれども現実は今までと同じ生活をしてしまうということがあります。

また、受注を取ろうにも、相手先から実績があるのかと聞かれます。 世の中には実績がなくても仕事は取れると豪語することがいますが。
実際は、実績がないと説明がしづらい。
もし実績がないにもかかわらず、いきなりしっかりとした受注が取れるとしたら、それはよほど入念な準備と実力があってこそでしょう。

そこで、とにもかくにも実績が欲しい。

それなら、実績を作ってしまい、自分の中で「それができる」という確固たる証拠を作り出せば良い。

そこで実績を作って自分の中に自信をつけていくこれをやってしまえばいい。

では、どうやって1番最初の実績を作ればいいのか?

それにはこんな方法があるんです

では、最初の実績をどのようにつけて、その後の受注につなげれば良いのか?

私はこれによってわずか1ヵ月ほどの間に三件の実績を作ることができました。

その方法とは一体何なのか?
何ヶ月も何年も次の行動に踏み出せないままでいらっしゃる方にはこの答えが1番知りたいのかもしれません。

いいかげん引っ張りすぎました。ではそろそろお伝えしましょう。

 

まずは無料でモニターを募り3人もしくは3社やってみることです。

さらにモニターを行う機関を絶対に決めて下さい。 だらだらやっても仕方はありません。 まずはその期間内にどれだけ自分の実績が出せるのかということを行っていくのです。

そして期間を決めて成果が出せればその後の期間は金銭が発生する契約と言う形をとればいいのです。

これで実績を作りさらに売り上げが入る受注を同時にものにすることができます。

成果が出てしまえば無料モニターだろうと実績は実績です。 その後堂々とこれが自分の実績だと歌うことができます。

しかし無料モニターを募ったとしても誰も任せてくれない、ということもあります。

それは残念ながら無料でもやりたい人がいない商品やコンテンツなのでしょう。
つまり授業がないと割り切って、違うものに切り替えるか、もしくはその商品やコンテンツの使い方見せ方を変えるしかないでしょう。

実際のところうまくいっていない起業家経営者の多くはこの商品コンテンツの伝え方見せ方がうまくいかずにお客様から選ばれないことが多いのも事実です。

そのため、その商品自体の選ばれる要素を作り上げなければなりません。

その要素とは、、、

ここでは内緒。他の記事に書いてあるかも?

関連記事

  1. 事業はコレが前提なのだ
  2. 『誰かに、何かに頼りきり』は危ない-生殺与奪権のはなし
  3. 実際、自己啓発本・セミナーで学んだことは実践で使えるのか?
  4. いろいろやっているけれど、どれも実にならない場合の特徴と、対処方…
  5. あなたは何に向いてるの?自分の才能を知る方法
  6. セミナーや教材のノウハウが役に立たない理由とは?
  7. 起業するときの商品の作成方法
  8. 目からウロコが落ちた←この段階だとまだ役には立たない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP