個人事業主の為の講座

起業するときの商品の作成方法

はじめての方はまずこちらをお読みください

 

商品作り

ものがあるにしろものはないにしろ、どのようにしていくと、お客様から選ばれやすいか。

その様相ここでお伝えしていきましょう。

商品づくり

1、継続してやり続けられる
2、お金になる
3、ナンバーワン×オンリーワンである

との経済が出している会社四季報にはこのような言葉があります
「継続前提に重要事項」

これは四季報からするとこの会社経営を続けて行くの危ないよ倒産するかもしれないよと言う意味です。

つまり経営を続けてられないと言うのは継続できないよという意味になります。 つまり商売というのは継続するということが前提なので継続できない商売ではダメですよ、と言うことになります。

四季報に乗っている会社は株主が入る位社会的責任もありますからより継続させることが大切になってきます。

継続の為の商品作りの話をしていきましょう

意外なことに継続してやり続けるには難しい商品を作ってしまうケースがあります。

受けられないケースと言うのはその子の授業がないものであったりその商売を眺める続けていくのは難しいような商売にしていたりするからです。

その商売を行うこと自体があまりにもご自身にとってきつかったり、ものであったりすると後に数字を追いかけてだましだましやっていたとしても必ず途中で体を崩して言ってしまう。

私が知っている方でも数字を追いかけ受注を増やしすぎてしまっていたりすると、自滅してしまう。

商品を作成すると同時にどれだけ売り上げを上げて利益を上げる限界、キャパシティーを同時に考えておく必要があります。

つまり商品というのは最初にどれぐらい売り上げ袋かを考えた上で価格を含めて商品を作成していった方がいいということですね。

もっと細かく分解をしていくと商品作りにはこのような流れになっていたら、ビジネスモデル含めて作成しやすいでしょう。
ビジネスモデルに関することは、また別の記事で書きます。

2、お金になるものである。

これは当たり前じゃんと思われるかもしれませんが意外と無視されていることが多いです。 お金にならないつまり需要がないものを商売としてしまっている。 事業がないつまり顧客様がいないのでお金にならない。 これ意外とやりがちなのです。

その商品あまりにもご自身で惚れ込んでしまってお客様がいないのに作り上げてしまう。 自分からしたらその商品は凄くいいと思っていたとしても誰からも必要とされていないならばそれはお金にはなりません。

では需要があるかどうかを確かめるにはこれは競合を調べていけばいいです。 もうすでにそれと同じような商売をしている人がいるのかどうか商売をしている会社がいるのかどうかを調べていけばいいです。

もしそこに競合がいれば事情があると言うことなのでお金になる可能性があるということです。 需要があるお金にできると言う確認が取れたならばその商品を作成していってよいでしょう。

3、ナンバーワン×オンリーワン

かなり多くの方がよりがちなのですがこの商品は大角何が違うのか唯一心この商品だけこの商品だけだけですオンリーワンであると歌うといったことがあります。

残念なお知らせです実はオンリーワンだけではお客様からは選ばれないのです

なぜオンリーワンだけだとダメなのか

これはパンツ一丁セミナー講師というのがいたとしましょう。 セミナーセミナーに登壇する時に必ずパンツいっちょうで登壇するというもの。

一時期話題になるかもしれませんが継続して商売ができるでしょうか? 検索して商売をしていくためにはオンリーワンだけではダメなのです。

オンリーワン×さらにナンバーワンである事情があって競合がいる中でその中でナンバーワンになる必要があります

そのナンバーワンと言うのはその狭い地域のナンバーワンでもいいですし狭いジャンルの中のナンバーワンでもいいですこの角1番であることが何らかの1番であると言うことが

事業がある=がいて需要があるその中でナンバーワンであるということとオンリーワンであるこれが選ばれてための秘訣です商品作成を行う時に必ず忘れないようにしていきたいですね

歌い的なオンリーワンの作り方ナンバーワンのこちらに載せています答え的なナンバーワンの作り方オンリーワンの作り方は次回以降

関連記事

  1. 事業はコレが前提なのだ
  2. 実際、自己啓発本・セミナーで学んだことは実践で使えるのか?
  3. ダメな自分を気づかせるには、この質問が1番の改善になる
  4. いろいろやっているけれど、どれも実にならない場合の特徴と、対処方…
  5. 起業してから無料から有料への持って行き方
  6. 人は力を持つと独自性を発揮したくなるサガがある【オリジナリティの…
  7. 見た目を良くすると周りの人が讃えてくれる理由
  8. 独立起業するときの最初の実績と受注の作り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP