未分類

【これがないと継続してお金を生み出せないし、拡大もできない】

はじめての方はまずこちらをお読みください

 

【そのキャッチコピーどこに出すの?】

キャッチコピーを作っただけでは意味がない。 安部は、キャッチコピーを作ったらそのキャッチコピーを、

誰に
どこに
どのように
どれくらいお金をかけて
どれくらい労力をかけて

出していくのかということを、キャッチコピーを作った時点でプログラムを作ってしまいます。 (しかも、フローチャート化して他の人も理解が出来るように図式化してしまう)

要するにそのキャッチコピーが、どこの誰にウケるのか? そのキャッチコピーを発信していく媒体(リアルならチラシとか、ポスターとか、ウェブならブログやFacebookなど)を、キャッチコピーを作った時点で先に作ってしまうということです。

これは最近私もできるようになってきた。 逆にこれができないと、人様に対してコレしてくださいアレしてくださいが言えない。

巷に溢れているキャッチコピーの講座では、キャッチコピーを作るのはいいけれど、結局それを
どこに誰に、どのように、どれくらい労力をかけて、どのぐらいお金をかけて出すのかと言う事はほったらかしのままに作ってしまう。 せいぜいFacebookで書き込みをしましょうとか、ブログ書きましょうとかそれくらい。 誰にどのような着地点を持った上で書きましょうというのはない。

単にキャッチコピーを作って、それが参加者同士で「それいいね」と言っているだけの講座は、残念ながら「おままごと」ごっこ遊びで終わってします。

結局商売は、誰かにそれをお伝えし、売上にできなければ何も意味がない。 講座で机の上でみんなでキャッチコピーを作って喜んでいればそれは頭の体操にはなるでしょうが。

キャッチコピーを作ったら、それをどのように売り上げに変える為に動き方を作れば良いのか。どのような展開をしていけばいいのか。これは先に作っておく。

作った商品とキャッチコピーが「Facebookにいる人たち」にウケが良いならFacebookにどんどん情報発信をしていけばいい。

Facebookに向いてないなら、ワードプレスでブログを作ってTwitterと連動していてGoogle検索に強くするという手だってある。

ものによってはリアル媒体のチラシの方がいいかもしれない。 交流会に使う名刺にそのキャッチコピーを載せた方が良いのかもしれない。

つまりお客さんがいるところに、その商品は出していきましょうと言う事です。

当たり前だけれども、実はこれはできていないことが多い。

何故かと言うと、ビジネスの経験が少ない人はそこにお客様が存在しているかどうかわからず、単純に他の人が進めたからFacebookやっているとかブログを書いているということが多いからです。

そこでうまくいったらたまたまやり方が良かったかそこにお客様がいたと言うことで。 運が悪いと、せっかく良い情報を発信していたとしても全然お客さんがいないと言うこともあります。

どのようなお客様に対してどこにその情報を出していくのか? これを運任せにしている人があまりにも多い。

ビジネスを運任せにしないために、そのキャッチコピーその情報発信は一体誰に出すのか。 先に決めておきたいところですが、商売に対する経験と実践がある上でリサーチしていかないとこれは難しいでしょう。

ここでリサーチと言う言葉が出てきました。 リサーチめちゃくちゃ大事ですそれは次以降にお伝えします。

関連記事

  1. 外国人講師のセミナー受講時の注意点
  2. 学んでも使えないノウハウの見極め方
  3. 他人を利用しようとする人が続々集まる傾向とは?【ダメ類は友を呼ぶ…
  4. その講師の周りの人、怪しくない?
  5. やたらと自分のつながりのある人を自慢する
  6. 本人は何もしないのに文句だけは言う者とは縁を切ろう
  7. 明らかにダメなのに自己評価が妙に高い人
  8. 好きなことをやる←これ勘違いしてない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP