個人事業主の為の講座

『誰かに、何かに頼りきり』は危ない-生殺与奪権のはなし

はじめての方はまずこちらをお読みください

 

 
『誰かに、何かに頼りきりは危ない』
特定の人やシステムに全面的に頼り過ぎない。
 
どういうことかというと、
 
ある特定の人に全面的にその部門、分野を頼り切っているとします。
筆者はランディングページを作成しているので、
デザイン作成は全てとある1人に依頼していたとします。
 
1人の人に頼んでいるという事は、
別の言い方をすると、
その人がいなくなった場合は、
仕事を完遂するということができなくなるという事。
 
 
デザインをやってくれるその人がいなくなった瞬間に、仕事ができなくなってしまうということ。
 
システムでもこれと同じで、
たまに起こる決済システムのエラー。
(銀行でもたまにシステムが動かなくなる時がありますよね)
 
 
ある特定のシステムに1カ所にだけに全てを委託していると、
そのシステムが何か障害が起こってしまったり、最悪消滅してしまったら、
自分の仕事が回らなくなってしまう。
 
 
この、頼りきっていたのに消滅してしまうということ。
よく起こり得るのは人ですね。
 
すごく頼りにしていた人がいて。
その人自体が仕事を辞めたいわけではなかったのに、
病気で、仕方がなく仕事ができなくなってしまったとか。
 
誰かに何かを頼りきりというパターンは非常にまずい。
 
常にその人、そのシステムが無くなったときのことを、
あらかじめ想定しておきましょう。
 
(誰かや何かのシステムに完全に頼り切ってしまって、
無くなると立ち行かなくなるとするならば、生殺与奪権を完全にゆだねていることになります。
これはものすごく危ない)

関連記事

  1. よくあるフリーランスの人の弱点とは?
  2. 独立起業するときの最初の実績と受注の作り方
  3. あなたの人脈はどの程度?チェックシートで確かめてみよう
  4. 見た目を良くすると周りの人が讃えてくれる理由
  5. 人は力を持つと独自性を発揮したくなるサガがある【オリジナリティの…
  6. セミナーや教材のノウハウが役に立たない理由とは?
  7. パソコンは高スペックに限る-安いパソコンは買ってはいけない
  8. 事業はコレが前提なのだ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP